事業内容

こんな症状は出ていませんか?
雨漏り・瓦屋根から見る屋根補修の時期

雨漏り

瓦の劣化などで建物に雨漏りが起きた状態を放置していると、建物内に湿気が溜まってしまい、状態がさらに悪化してしまう、シロアリが発生してしまう等の危険性があります。また、カビが発生して健康に悪影響を及ぼす可能性もあります。雨漏りは瓦以外にも様々な原因で発生します。放置しておくと大規模な工事が必要になる場合がありますので、早めに原因を調べましょう。

天井・壁にシミ

屋根部分の原因により発生しやすい症状です。天井や天井のクロスが剥がれてくる可能性がありますので、放置せず早めの修繕をお勧めします。

クロスの剥がれ

最初は小さな雨染みも拡大するとクロスが剥がれはじめ、さらに進行すると柱や天井の腐食に繋がります。被害が大きくなる前に少しでも早い修理が必要です。

天井・壁にカビ

雨漏りが進行すると、家の柱や天井が腐食しカビが繁殖するようになります。カビの発生は健康にも影響が出てくる可能性がありますので、早めに対処する必要があります。

瓦屋根の
劣化

屋根の劣化や破損の症状には色々なケースが存在します。しかし、初期症状では判断がつかなかったり、屋根の上だと気付かない場合がほとんどで、放置されてしまう事が多いです。放置する期間が長くなると、大規模な工事が必要になってしまう場合がありますので、定期的な点検やチェックを行う事で、屋根の異変に早く気付いてあげていただきたいと思います。

屋根瓦の割れ・はがれ

強風時の飛来物や雪の重みで屋根瓦が割れたりはがれたりすると、落下の可能性があり大変危険です。また、その部分から雨水が侵入し雨漏りや下地の腐食に繋がる恐れがあります。いつ症状が出てもおかしくない状況ですので、一刻も早い点検・修理が必要です。

棟瓦の傾き・歪み

本来直線になっているはずの棟は、傾いた状態で放置すると歪みが少しずつ大きくなり棟瓦が落下したり、最悪の場合崩れる危険性があります。また、隙間から雨水が浸透し雨漏りに繋がる場合もありますので早めの点検・修理をお勧めします。

谷板(銅板)の穴

瓦屋根に設置された銅製の谷板が経年劣化で穴が開き、雨水が屋内に侵入します。施工から20年以上経った銅製の谷板(谷樋)は腐食が進み、雨漏りの原因になります。部分的な補修を行うこともありますが、錆びにくいステンレス製への交換が必要です。

下地の痛み・割れ

瓦のひびや漆喰の崩れを放置すると、下地のベニヤ板が雨水で腐り、大規模な工事が必要になることも。外見では気づきにくいことも多く、雨漏りで発見されることが多いトラブルです。発見が早ければ被害は最小限に抑えられます。

見えない破損箇所発見のきっかけとなることもあります!

雨染みや瓦屋根の割れなど、小さな破損箇所に気付いても「まだ大丈夫!」と思って修理をしない場合もあると思いますが、小さな気づきから見えない部分の破損を発見できることがあります。破損箇所の早期発見は被害を最小限に食い止め、修理費用も抑えることができます。気になる箇所を見つけた場合には、どんな些細なことでもすぐにご相談ください。

写真は、外見は1枚の瓦破損でしたが、雨漏りが進行し下地に大きな穴が開いていた実際の症例です。

主なエリア:富山市、滑川市、魚津市、黒部市、宇奈月町、入善町、朝日町、新潟県糸魚川市、その他富山県全域(高岡市・射水市・氷見市・砺波市・小矢部市・南砺市・上市町・舟橋村・立山町)出張可能です。※遠方の場合、出張料金が発生する場合がございます。予めご了承ください。


業務内容紹介

新築・増改築
瓦工事

松原工務店では、北陸の風土に合った「瓦」に徹底的にこだわります。瓦は、湿気の多い北陸では特に、屋根の換気、耐久性、耐候性に優れた素材です。日本家屋ならではの重厚感ある和瓦から、洋風の家をスマートに引き締める瓦まで、一級かわら葺き技能士などの専門技能を持つ職人が、お客様の家のイメージに合わせたご提案・施工を行います。

葺き替え
工事

葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材に替える屋根工事を言います。経年劣化で屋根の傷みが激しく、補修工事をしても雨漏りが繰り返し発生するなど、新築から30年以上経過したお家にお勧めの工法です。傷んだ下地を丁寧な工事で覆い、新築同様の優れた耐久性を甦らせることができます。

雨漏り
修繕

雨漏りは瓦の割れ・下地の劣化など色々な原因が考えられます。修理には雨漏りの原因調査と、適切な施工が必要となります。雨漏りが発生した場合はできるだけ早く当社にご相談ください。確実な屋根工事を行い、お客様のお家を守ります。また、雨漏りは事前のメンテナンスによる予防が一番ですので事前の点検もお任せください。

瓦の種類

松原工務店で使用する主な瓦の種類をご紹介します。実際施工する際には、まずはお客様の好みをお伺いし、お家の色・形状等に合わせて最適なご提案をさせていただきます。

陶器瓦

陶器瓦は、日本の建築物には欠かせない屋根として使用されてきた粘土瓦です。この瓦は粘土を瓦形にかたどったものに釉薬をかけ、窯の中で高温で焼き上げ作られます。水が浸透せず、長い年月を経ても劣化しにくい耐久性の高さが特徴です。陶器瓦は素材の性質上、全ての瓦の形が微妙に異なり、正確に積み上げるには高度な技術が必要となりますが、当社の経験豊富な職人が、瓦の納まりを考えしっかりと組み合わせ、きれいな仕上がりを実現します。

ブラック

銀黒

銀富士

J型 和形防災瓦

働き幅:365mm 勾配 :3.5寸勾配以上(緩勾配用瓦も有)

通常の和形と同じ美しさを保ちながら、高い防災性を備えた防災瓦。 雨の浸入や強風による浮き上がり、地震の揺れに高い抗力を発揮する自然災害に強い瓦です。 高性能ながら従来の和形の施工方法と変わりません。

ストレート
ブラック

銀富士

マットブラウン

F型 イーグルエクサ

働き幅:303mm 勾配 :2.5寸勾配以上

シャープさと柔らかさを共存させた優美なデザインで建物を美しく彩るイーグルエクサは、2.5寸勾配まで対応する防災平板瓦。複雑な形状の屋根にもピッタリと納まり、ロック工法をさらに改良した高機能な緩勾配対応の平板防災瓦です。

銀富士

ストレート
ブラック

マットブラウン

F型 防災フィット

働き幅:303mm 勾配 :3.5寸勾配以上

緩勾配に対応した高機能な防災瓦。スッキリしたデザインは屋根にシャープな印象を与えます。フルフラットのため瓦一体型ソーラーパネルとの葺き合わせも可能。長期にわたるメンテナンスの容易さからCjK基準適合製品として認められています。

ストレート
ブラック

ライトブラウン

銀富士

ラスティー
グリーン

シシリアン
レッド

ショコラ

M型 イーグルマキシム

働き幅:272mm 勾配 :2.5寸勾配以上

基本性能はそのまま、従来のM形平板瓦に比べ約10%の軽量化を実現した防災平板瓦。スタイリングの良さに加え、雨仕舞の良さ、強度、施工性のノウハウを惜しみなく盛り込みました。